HOME | Biography

Classical Magic Unit

Magic unit FEEL

 心地良い音楽に合わせて、ゆっくりと緞帳が上がっていく
 夕暮れ時であろうか中央に見える淡いシルエット
 燕尾服の紳士はシルクハットを丁寧に隣の女性へ手渡すと
 客席に向かってニコリと会釈を送った。
 
 紳士がステッキをなでながら、何やらおまじないを唱えているようだ
 すると、シルクハットから煙とともにハトが現れたのである…
 

FEEL Opening Program  第一幕より

Magic unit FEEL

心地良い音楽に合わせて、ゆっくりと緞帳が上がっていく
夕暮れ時であろうか中央に見える淡いシルエット
燕尾服の紳士はシルクハットを丁寧に隣の女性へ手渡すと
客席に向かってニコリと会釈を送った。
 
紳士がステッキをなでながら、何やらおまじないを唱えているようだ
すると、シルクハットから煙とともにハトが現れたのである…
 
FEEL Opening Program
第一幕より

FEEL Story

結成

2004年 当時所属していた芸能事務所の方針でマジックチームが結成しました。TAKUYAは修行生活を送りながら舞台の勉強中です。すでにマジシャンとしてデビューをしているSAKURAを補佐する形でステージに立つ事になりました。しかし二人はまだ未熟な上にマジックに対する考えが全く異なります。技術に特化したショー構成にしたいTAKUYAと、不思議さを削ってでも美しく見せる事に重点をおいたダンサー出身のSAKURA。二人の意見は常に折り合う事も無く、ショーの方向性を模索しながら長い期間を過ごしました。

Takuya Watanabe
Little Magician SAKURA
TAKUYA&SAKURA

成長

数年間 納得がいかないながらも同じステージに立っていると、表現方法は違くとも良い舞台をつくりたい気持ちは一緒だった事に気が付つきます。徐々にお互いの価値観を理解し合いながら足りない部分を補うようになりました。すると無駄な動きが排除され、演技は洗練されて行きました。それからというものショーの題材にそった自分達のカラーをつくる様に変化したのです。2007年 ついにFEELのパフォーマンスが 人気テーマパークの企画で採用される事になりました。好評だった二人のショーはこの年のカウントダウンのステージにも出演が決まり、方向性が一致した事を再確認する事になります。この出来事が今後の舞台制作の道標となる大きな転機となりました。

始動

2008年頃にはスタイリッシュなクロースアップマジックが全盛期を迎えておりました。多くのステージをメインとするマジシャンが廃業する中、私達は流行とは逆行する形でクラシカルな雰囲気のショーに特化したのです。
時代遅れと揶揄されながらも自分たちがイメージするマジシャン像を作りあげる為に、髪型や服装全てを設定して日常から役作りを徹底しました。
すると少しずつではありましたが評判が広がり、各地から公演への出演依頼を頂ける様になったのです。当時は若手のマジシャンが燕尾服を着ている時代ではなかったので、珍しかったのかもしれません。同年の秋、チーム名を「FEEL」と名付けます。演者も観客も一体となり世界観を共有して欲しいと願いを込めました。

FEEL
FEEL

発展

2009年以降はSAKURAが長い期間温めてきた演出によってFEELの新たなステージが始まりました。共感して頂けるダンサー達と共にショー制作が始まったのです。大掛かりな装置を利用したイリュージョンマジックショーや、大型イベントにも対応できるチームに発展する事になります。新しい企画やお客様から頂く歓声を求めてより大きなスケールを目指す様になっていたのです。しかし気持の片隅ではFEELのスタイルに疑問を感じる様にもなっていました。私達は表現した事に対して頂戴していた報酬が、いつの頃からか報酬を得る為にマジックを利用する様になっていた事に気が付きます。そこから徹底的にショーの見直しが始まりました。

 

原点回帰

2013年頃になると昔のFEELを取り戻しつつあります。大きなショーを目指すのでは無く、好きな映画音楽や世界観を重視した内容で舞台を創る様になりました。私達のマジックショーが必要とされる事が嬉しくて、ステージのお話があればどんな遠方にでも喜んで出かけておりました。ある日、船会社の担当者方から連絡が入ります。偶然にも私達の舞台を観覧していたらしくTAKUYAが専属マジシャンとして候補に上がっているとの連絡でした。長旅となると創作活動は限られてしまいますが、豪華客船で自分専用のショーを持つという事はマジシャンとしては夢のお話です。FEELとしての活動を休止する事を決断しました。その後はオーディションを通過し、幸運にも各国候補者の中から専属マジシャンとして選ばれる事になったのでした。

 
FEEL
FEEL

新世界

2021年 燕尾服をまとった紳士は、子供の頃から大好きだったハンカチの手品を丁寧に演じる様になりました。上品に踊る女性も幼少の頃から習っていたバレエを元に美しいステージを表現しています。二人とも少しだけ年を重ねて昔より着こなしがしっくり来ている様子。そしてマジシャンにとって最も大切な事にも気が付いた様子です。それは種や仕掛け上辺だけの事ではなく、演じている人の心でした。これまでの生き方や経験が舞台上では全て反映されていたのです。

 
結成

2004年 当時所属していた芸能事務所の方針でマジックチームが結成しました。TAKUYAは修行生活を送りながら舞台の勉強中です。すでにマジシャンとしてデビューをしているSAKURAを補佐する形でステージに立つ事になりました。しかし二人はまだ未熟な上にマジックに対する考えが全く異なります。技術に特化したショー構成にしたいTAKUYAと、不思議さを削ってでも美しく見せる事に重点をおいたダンサー出身のSAKURA。二人の意見は常に折り合う事も無く、ショーの方向性を模索しながら長い期間を過ごしました。

Takuya Watanabe
Little Magician SAKURA

成長

数年間 納得がいかないながらも同じステージに立っていると、表現方法は違くとも良い舞台をつくりたい気持ちは一緒だった事に気が付つきます。徐々にお互いの価値観を理解し合いながら足りない部分を補うようになりました。すると無駄な動きが排除され、演技は洗練されて行きました。それからというものショーの題材にそった自分達のカラーをつくる様に変化したのです。2007年 ついにFEELのパフォーマンスが 人気テーマパークの企画で採用される事になりました。好評だった二人のショーはこの年のカウントダウンのステージにも出演が決まり、方向性が一致した事を再確認する事になります。この出来事が今後の舞台制作の道標となる大きな転機となりました。

TAKUYA&SAKURA
 

 始動

2008年頃にはスタイリッシュなクロースアップマジックが全盛期を迎えておりました。多くのステージをメインとするマジシャンが廃業する中、私達は流行とは逆行する形でクラシカルな雰囲気のショーに特化したのです。時代遅れと揶揄されながらも自分たちがイメージするマジシャン像を作りあげる為に、髪型や服装全てを設定して日常から役作りを徹底しました。すると少しずつではありましたが評判が広がり、各地から公演への出演依頼を頂ける様になったのです。当時は若手のマジシャンが燕尾服を着ている時代ではなかったので、珍しかったのかもしれません。同年の秋、チーム名を「FEEL」と名付けます。演者も観客も一体となり世界観を共有して欲しいと願いを込めました。

FEEL
 

発展

2009年以降はSAKURAが長い期間温めてきた演出によってFEELの新たなステージが始まりました。共感して頂けるダンサー達と共にショー制作が始まったのです。大掛かりな装置を利用したイリュージョンマジックショーや、大型イベントにも対応できるチームに発展する事になります。新しい企画やお客様から頂く歓声を求めてより大きなスケールを目指す様になっていたのです。しかし気持の片隅ではFEELのスタイルに疑問を感じる様にもなっていました。私達は表現した事に対して頂戴していた報酬が、いつの頃からか報酬を得る為にマジックを利用する様になっていた事に気が付きます。そこから徹底的にショーの見直しが始まりました。

FEEL
 

原点回帰

 
2013年頃になると昔のFEELを取り戻しつつあります。大きなショーを目指すのでは無く、好きな映画音楽や世界観を重視した内容で舞台を創る様になりました。私達のマジックショーが必要とされる事が嬉しくて、ステージのお話があればどんな遠方にでも喜んで出かけておりました。ある日、船会社の担当者方から連絡が入ります。偶然にも私達の舞台を観覧していたらしくTAKUYAが専属マジシャンとして候補に上がっているとの連絡でした。長旅となると創作活動は限られてしまいますが、豪華客船で自分専用のショーを持つという事はマジシャンとしては夢のお話です。FEELとしての活動を休止する事を決断しました。その後はオーディションを通過し、幸運にも各国候補者の中から専属マジシャンとして選ばれる事になったのでした。
 

FEEL
 

新世界

2021年 燕尾服をまとった紳士は、子供の頃から大好きだったハンカチの手品を丁寧に演じる様になりました。上品に踊る女性も幼少の頃から習っていたバレエを元に美しいステージを表現しています。二人とも少しだけ年を重ねて昔より着こなしがしっくり来ている様子。そしてマジシャンにとって最も大切な事にも気が付いた様子です。それは種や仕掛け上辺だけの事ではなく、演じている人の心でした。これまでの生き方や経験が舞台上では全て反映されていたのです。

FEEL
ライン
Magician FEEL Official Site